カードローンはフリーターでも利用できます

お金のピンチの際には、やはりカードローンは頼りになる存在です。
しかし、カードローンによっては総量規制の対象になるため、
利用する人に制限がある場合があります。

収入がない場合は借入ができない

消費者金融のカードローンは総量規制の対象になるため、
その限度額は年収の3分の1以下に設定されることになり、
例えば収入のない専業主婦のような方の場合は利用することができません。

収入があればフリーターでもカードローンは利用できる

では、フリーターなどのアルバイトで収入を得ている人の場合はどうでしょうか。
アルバイト収入であっても収入には変わりありませんので、
カードローンを利用することは可能です。

正社員の人と比較すると信用度が劣る

しかし、フリーターの場合は正社員で働いている人と比較すると
信用度が劣るというのが現実でもあります。
ですから、より多くの金額を借りたい場合には、信用度を上げる必要があり、
それはすなわち安定した収入を証明することが必要となります。

安定した収入が示せれば返済能力が認められ借入可能

安定した収入を証明するためには、過去数か月に渡り一定の収入があること、
アルバイトの勤続状況が安定していることなどを書面などで
提出しなければならないケースもあるでしょう。
その書面とは、例えば過去数か月分の給与明細などが挙げられます。
そして、安定した収入を証明することができれば、
フリーターであってもその年収の3分の1までお金を借りることが可能になります。

また、銀行カードローンの場合、総量規制の対象にはなっていないので、
特に年収の3分の1以下という規制は設けられていません。
ですから、フリーターの方でもお金を借りることはもちろんできます。

ただし、やはり収入は融資額には大きく影響しますので、
ここでもやはり安定した収入を証明できるようにしておきましょう。
このように、フリーターの方は消費者金融でも銀行でも
お金を借りることは可能ですが、融資額をなるべく大きくするためには
安定した収入を証明することが必要になってきます。